« 第12回 落合まちかど展覧会 開催 | トップページ | 「全国糖尿病週間」のイベントを開催 »

病院見学会開催

2016年7月30日(土) 18時~、当院で初めての
「病院見学会」を開催しました。

当日は、看護師を目指す学生2名と保護者1名、
鏡野町国民健康保険病院 森山医師と看護学校教員をされている
奥様がご夫婦で参加してくださいました。
(お仕事等のご都合により残念ながら2名の方が欠席されました)

この日は第72回落合納涼花火大会の開催日です。
当院の真横を流れる旭川河川敷で行われるので、病院見学会の後は
花火を楽しんでいただくプランになっています。

それでは、病院見学会スタートです☆

開会挨拶   水島院長

「皆さま本日はご参加くださり誠にありがとうございます。
 初めての開催なので行き届かいないところもあるかと思いますが、
 スタッフ一同、本日まで一生懸命準備を進めてきましたので
 花火大会までの限られた時間ではありますが、金田病院を
 見て、感じて、楽しんで帰っていただけたらと思います。」

病院見学会の内容説明   梶谷看護部長

Aコース(既卒者向け)・・・病院説明、案内等
Bコース(学生向け) ・・・・院内各部署訪問・体験

という2コースをご用意していました。
が、欠席の方もおられ、また参加された皆さんのお声から
”みんなで金田病院を体験しよう”ということになり、
既卒者の方もご一緒にBコースの各部署体験をしていただきました。

まずは放射線科から。

Imgp1450

放射線科 北山技師長から説明を受けながら、実際に装置に触れて
撮影台を動かしてもらいました。

「箱の中に何かが入っています。レントゲンで撮影してみましょう。」

画像を見た学生の回答は…「オレンジ!」。
大正解です。

次に移動して向かったのはCT撮影室。

Imgp1458

こちらも実際に触れて撮影台を動かしてもらいました。

「さて、先ほどレントゲンで撮影したオレンジをCTで撮影すると
 どのように見えるでしょうか。」

Imgp1460

レントゲンでは見えなかったオレンジの房の一つひとつが
鮮明に見えます。

Imgp1462

とっても真剣で興味津々のお二人。

次に向かったのは手術室です。
院内でも特定の職員しか入ることのない場所。

Imgp1465

当然ですが、普段は無菌状態で入らなければいけません。
当日は特別に通常の服のまま入ることが許可されています。
実は病院見学会の同日お昼に、全職員を対象に
「手術室見学会」を行いました。
職員であっても中までは入ったことのないスタッフがほとんどなので
多くの方が足を運んでいました。

尾崎主任より、手術室での看護師の業務や役割についての
説明を聞きました。

Imgp1469

初めて入る環境、初めて見る機材に驚きながらも
”看護師の役割”と聞いて真剣に聞き入っていました。

次に、脳神経外科 木下医師と臨床工学技士 大嶋室長の説明です。

Imgp1480


Imgp1481_2

「当院の最新鋭の機材をご用意して皆さんをお迎えしました。」
と、木下医師。

手術で使う特殊な顕微鏡を実際に覗き、「うわぁ~!」、「すごいっ!」と
驚きの連続です。
また、医師の「この機械は〇千万円です。」という言葉には
私たちも驚きました。

Imgp1490

Imgp1492


Imgp1493

学生にとっては聞くこと、見るものの全てが初めてのことばかり。
興味と驚きの連続だったようです。

時間の関係もあり手術着は着用予定ではありませんでしたが、
「せっかくの機会なので!」という看護師のはからいにより
着てみることに。

Imgp1499


Imgp1501

看護師としての姿が具体的に見え、嬉しい体験になったようです。

次は救急外来にて心電図体験・見学、の予定でしたが
救急搬入により救急外来を使用していたため、
急きょ場所を内視鏡室に変更。

Imgp1512

心電図の説明をする水島院長。
わかりやすい言葉を選び、きちんと伝わるように説明されていました。

Imgp1509

モデルは、参加者としてお越しくださっていた
鏡野町国民健康保険病院の森山医師です。
実は、参加予定だった保護者の方(お父様)にモデルをお願いする
予定でしたが欠席だったため、どうしようかとスタッフで話していた
ところ、森山医師ご夫妻が「モデルになりますよ」と快く声をかけて
くださいました。

Imgp1514

電極を装着する位置について、森山医師が直接指導をしてくださる
という大変貴重な一コマです。
森山先生、ご協力くださりありがとうございました。

実際に測定させていただきました。
さて、結果は…

Imgp1517_2

正常範囲でした。
森山先生も奥様も「ホッ」の一言。
笑いに包まれましたよ。

病院見学会は18時~19時までの1時間。
盛りだくさんの内容で時間が足りないほど。
皆さんとても楽しんでいただけたようで良かったです。

さて、19時から約30分間はスペシャルライブを企画しました。

Imgp1542

医師で尺八奏者の岸本 寿男(きしもと としお)先生です。
元 国立感染症研究所室長、現在は岡山県環境保健センター所長
としてご活躍です。

国も時代も軽々と越えていくジャジーでソウルフルな演奏は、
古典楽器としてのイメージを鮮やかに塗り替えて「尺八」の
新たな世界を拓いています。

Imgp1534


1曲目は「涙そうそう」。
私の尺八のイメージは一瞬で変わり、グッと魅惑の世界に
引き込まれました。

Imgp1535

世界に一つしかない石でできた尺八をご紹介してくださいました。
これまでいくつもの尺八を吹いてこられた先生ですが、
石の尺八を初めて吹いた時にはその素晴らしい音色に
背筋が凍りつくような感覚だったそうです。

会場のライトを落とし、暗闇の中で聴く音色。
目をつぶり、耳を澄ませて聴いている方が何人もいらっしゃいました。
研ぎ澄まされた音色と熱い魂の中にもぬくもりを感じる演奏。
本当に素晴らしかったです。

スペシャルライブの後には貴重な尺八の数々を見せてくださいました。

Imgp1537

とっても気さくな岸本先生。
そのお人柄で、周りには笑顔が溢れていました。

岸本先生、お忙しい中お越しくださいましてありがとうございました。

それから間もなく落合納涼花火大会が始まり、病院見学会は
無事に終わりました。

参加された皆さんには軽食をご用意。
そのまま院内で召し上がりながら花火をご覧になる方や、
持ち帰ってメイン会場へ移動される方など、それぞれに
夏の一大イベントを楽しんでいらっしゃいました。

参加された皆さんからは
「楽しかった!」
「初めて見るものや知ることばかりでとても興味深かった。」
「また来年も参加したい!」
とのお声を頂戴し、スタッフ一同喜びで胸がいっぱいになりました。

学生の皆さんにとって、この度の経験がほんの少しでも
未来につながる糧となりましたら幸いです。

また、当院にとっては初めての開催となった病院見学会。
はじめの一歩を踏み出さなければ次の一歩にはつながりません。
私たち職員にとっても、この度の経験が未来につながるよう
今後も努力を重ねていきたいと強く思いました。

|

« 第12回 落合まちかど展覧会 開催 | トップページ | 「全国糖尿病週間」のイベントを開催 »

病院見学会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院見学会開催:

« 第12回 落合まちかど展覧会 開催 | トップページ | 「全国糖尿病週間」のイベントを開催 »