« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

年末のご挨拶

2014年12月29日(月)

寒さ厳しい毎日ですが、皆様体調など崩されてはいませんでしょうか。
慌ただしい師走もあっという間に過ぎようとしています。

当院の年内の通常診療は本日までです。
なお、年末年始の休診期間は下記のとおりです。

【H26年12月30日(火)~H27年1月4日(日)まで】
 ※救急は24時間体制でお受けしています。

来年の通常診療は1月5日(月)からとなりますので
よろしくお願いいたします。

早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

本年も多くの皆様と出逢えたことに心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございます。

来年も心を込めた対応と笑顔で皆様をお迎えできるよう
より一層の努力を重ねてまいります。
今後とも変わらぬご指導を賜りますようお願い申し上げます。

皆様、健やかなる新年をお迎えになられますよう
心よりお祈り申し上げます。

Img_4129


Img_4133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★☆★** メリークリスマス **★☆★

2012年12月24日(水)

先週19日、院内保育園【みどり保育園】では、
クリスマス会が開催されました。

みどり保育園では毎月1回行われるイベント日があり、
その日は保護者が勤務の合間に参観できる日になっています。

クリスマス会の日はそのイベント日でもあり、保護者も参加しました。

Imgp8853

お部屋の雰囲気もクリスマス一色。
子どもたち手作りのリースなどが飾ってあり、お部屋の雰囲気と
クリスマスムードをよりいっそう盛り上げてくれています。
そんなお部屋に入っただけで、大人もワクワクしますね。

Imgp8850

こちらの子どもたちの対面には保護者がずらりと座っています。
いつもと違うお部屋の様子に、ちょっと緊張気味の子どもたち。

Imgp8852

先生に名前を呼ばれ、自分で制作した三角帽子をぶらせてもらいます。
パーティーの雰囲気を盛り上げるには欠かせないアイテムですね!

サンタさんの顔は自分で描いたそうです。
み~んな違う表情をしています。
保護者に向かって、「見て~^^」と嬉しそうな、
そしてちょっぴり自慢気な声が聞こえましたよ。

Imgp8854

こちらも子どもたちが制作。
クリスマスツリーに飾るオーナメントです。

Imgp8857

みんなでにぎやかに飾りつけ☆
とっても可愛い、世界に一つだけのクリスマスツリーができました^^

 

すると…

♪シャンシャンシャン… シャンシャンシャン…♪

鈴の音が聞こえてきました。

あっ!!!!!

サンタさんの登場です!!

Imgp8861

サンタさんには、特製の椅子に座ってもらいます。

気になる子どもたちの反応は…

『 (゜o゜) 』

まさにこんな感じ、『目がテン』。
泣くでもなく、喜ぶでもなく、ただただ驚きで。

ちょっと状況がわかってくると、子どもたちから
「プレゼントは~?」という声も聞こえてきて、大人はみんな大笑い。
子どもにとってはとっても重要なポイントですもんね☆

子どもに代わって、先生からサンタさんに問いかけます。

「サンタさん、今日はみどり保育園の子どもたちに
 プレゼントを持ってきてくれたんですか?」

笑顔で大きくうなづいてくれました!

プレゼントをもらう前に、子どもたちからサンタさんや保護者へ
心のこもったプレゼント、歌や踊りを披露してくれました。

Imgp8864

歌 ♪ ジングルベル ♪
     星のスティックを使って可愛い振付けで披露してくれました。

Imgp8873

踊り ♪ 赤鼻のトナカイ ♪

Imgp8874


Imgp8877

みんな一生懸命踊っています。
可愛いですね♡

Imgp8884

こちらは2・3歳児によるハンドベル、♪きらきらぼし♪

前には先生がいて、壁に貼ってある楽譜と先生の顔を見ながら
子どもたちはとっても上手に奏でていました。
本当に素敵な音色でしたよ。

1歳児の中には、「ドド、ソソ、ララソ~」と歌っている子どももいて、
今日の日のためにみんなが一生懸命練習してきた様子を
うかがい知ることができました。
お兄ちゃん・お姉ちゃんの練習の様子をしっかり見ていたんですね。

子どもたちからの発表の後には、お待ちかねのプレゼントの時間。

Imgp8886

1歳を迎えたばかりのHちゃん。
初めて見るサンタさんの姿にドキドキ!
何とか泣かずにプレゼントを受け取り、その後は
お母さんにしがみついていましたよ。

Imgp8889

3歳児のAちゃん。

サンタさんからプレゼントをもい、ドキドキしながらも
「ありがと。」ときちんとお礼を伝えることができました。

Imgp8890

そして先生にもプレゼント。
クリスマスは大人にとっても楽しみなイベントですものね♪

みんなでサンタさんを見送ってクリスマス会は終わりました。

一足早くみどり保育園に来てくれたサンタさん、
たくさんのプレゼントをありがとう!

今日はクリスマス イヴ*****

みなさんも素敵なクリスマスになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気にかけてくださること

2014年12月22日(月)

こちらは当院の外来フロアの一角です。

Imgp8825_2

「クリスマスの時期にピッタリだから。」と、当院スタッフの
知人の方がくださいました。

Imgp8828_2

リースは松で作られていて、雪だるまはちりめんで作られています。

Imgp8830_2

どちらの作品も、和と洋の融合がとっても素敵ですよね☆

 

 

Imgp8833_2

こちらは当院に通院中の方が持ってきてくださったお花です。
足がご不自由な中、杖を片手に大きな花束を抱えて来られるAさん。
本当に頻繁にお花を届けてくださるので、私たちも季節のお花を
楽しませていただくことができ、とても感謝しています。

暑い夏の日も、雨の降る日も、雪の降る寒い日も
いつも本当にありがとうございます。
くれぐれもご負担のないようにしてくださいね。
それでもまたいつかAさんの笑顔ときれいなお花に触れられること、
少しだけ楽しみにさせてくださいね♪

 

 

Imgp8839_3

こちらは当院の玄関ホールです。

送迎の待ち時間や、ちょっとした休憩スペースとしてご利用いただき、
大変好評です。
ですが、屋外なので今の時期はとっても寒い…
そんな中でもご利用される方は大勢いらっしゃいます。

Imgp8834_2

そのことを気遣い、当院スタッフのご家族の方が
手編みの座布団をご用意してくださいました。

Imgp8837

ご利用の皆さまからは「これはイイね!」とか
「座布団があったらいいな、と思っていたのよ。」など早速に
嬉しいご感想をいただいています。
身も心も温まる贈り物、本当にありがとうございます**

 

 

皆さまの優しさと温もりに触れ、改めて、私たちは
多くの皆さまに支えていただいていることを実感しています。

皆さまから優しさをいただいたぶん、
私たちもあたたかい心で対応させていただけるよう
一人ひとりが自分にできることを考えていきたいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自衛消防隊避難誘導訓練

2012年12月10日(水)に自衛消防隊避難誘導訓練を
実施しました。

想定はこちらです。
【金田病院 中央棟2階病棟 216号室より出火、延焼の恐れあり】

Imgp8800

火災発見!

現場のスタッフが通報や初期消火活動の指示をします。
迅速に、的確に。

Imgp8806

火災発生の放送が館内に流れ、消火班は急いで現場に向かいます。
現場での道中にある消火器を忘れずに持って駆け付けます。

Imgp8808_2

一斉に消火活動を行います。

Imgp8810

呼吸器、シリンジポンプを使用されている患者さんは
臨床工学技士が到着後、臨床工学技士の管理のもと避難を開始。

Imgp8812

看護師と協力しながら、無駄な動きや無駄な時間のないように
安全第一で避難しています。

Imgp8814

こちらは担送患者さん。
できるだけ衝撃の少ないよう配慮しながら避難しています。
このまま階段を降りるので、降りる状況が見えない患者さんは
きっととても不安です。
スタッフは、その不安を ”声かけ” でカバーできるよう努めていました。

Imgp8818

避難場所は外来棟東側駐車場。

病棟の患者さんが全員避難したことを確認して看護師も避難、
報告に向かいます。

Imgp8819

「中央棟2階 全員避難しました。」

全員が無事に避難したことを報告します。

火災の発見から全員が避難できるまでにかかった時間は
7分44秒でした。

Imgp8821

真庭消防署の方より、本日の避難誘導訓練についての
講評をいただきました。

Imgp8822

「大きな声、的確な指示、迅速な避難で大変良かったと思います。
 しかし、実際に火災になった場合はこれほどスムーズには
 いきません。気持ち的にも状況的にも大変な混乱が予想されます。

 火災という事態が起こらないことが大前提ではありますが、
 万が一に備えて一人ひとりがきちんと知識を持っておくことが
 大切です。」

 
このようなお言葉に、私たちも大変身の引き締まる思いがしました。

 

寒くなって火を使う機会が多くなり、
テレビなどでは火災のニュースを目にすることが増えてきました。

火を取り扱う時には十分気を付けていきましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »