« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

本年も大変お世話になりました。

2011年12月28日(水)

毎年のことながら、月日の経つのはなんと早いのだろうと
驚かされる年の瀬です。

皆さま、いよいよ迎春の準備にお忙しいことと思います。

 

年内の通常診療は本日までです。

12月29日(木)~H24年1月3日(火)までは休診いたします。
※救急は24時間体制でお受けしています。

 

皆さまには本年も大変お世話になりました。
いつもありがとうございます。

来年も、たくさんのことを教えていただきながら
前を向いて一歩ずつ
歩んでいきたいと思います。

 

年末でお忙い毎日とは存じますが、
どうか、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。

よき新年を迎えられますようお祈りしております。

Imgz281512090001
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Imgz281510190001_2  

 

 

 

 

 

 

 

Imgz281510500001_3  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆クリスマス会☆

2011年12月22日(木)

昨日、当院の院内保育所『みどり保育園』で、
クリスマス会が開催されました。

年齢の小さい園児が増え、ますますにぎやかになったみどり保育園。

お部屋に入ると、かわいい笑顔や仕草がいっぱいです!

この日、まずは毎週水曜日に行われている「リトミック」から始まりました。

Imgp3905_2  

 

自分で作った
ペットボトルの
マラカスを、
リズムに合わせて
振っています。

 

 

 

 

Imgp3907_2  

 

中には、こんな子も。

お口に…パクッ☆

お母さんと一緒で
うれしいね。

 

 

 

Imgp3895_2  

 

こちらは、プレゼントの入った
大きな袋を持って(ポーズだけ)
サンタさんになっていますよ。

床にはカラーテープで
線が引いてあり、その線に
沿って「よいしょ、よいしょ」と
真剣に歩いています。

 

 

Imgp3898_2  

 

気分はすっかりサンタさん!!

みんな上手、上手。 

 

 

 

 

 

Imgp3902_2  

みんなで歌をうたいました。

Rくんは、はずかしがり屋さん
だけど歌が大好き!!

誰よりも大きな声で、
こんなに楽しそうに
うたっています。

見ているこちらも楽しく
なりますね♪

 

 

Imgp3909_2  

お楽しみは
まだまだ続きます。

先生の出し物は
サンタクロースのお話の
パネルシアターです。

みんな釘付けで
見ています。

 

 

お話が終わると、先生が、子どもたちに声をかけます。

「みんな、サンタさんにプレゼントを持って来てもらいたいよね?

でも、お部屋が明るいままだと、サンタさんが
”あのお部屋は、まだ子どもが起きているのかな” と思って
プレゼントを届けてもらえないかもしれないね。

だから、これからカーテンを閉めて、電気を消して、
お部屋を暗くするけど、怖くないからね。

”みんながプレゼントを待っているよ” って、サンタさんに
わかるようにしようね。」

 

「何か音が聞こえるかな?」

~ シャン♪ シャン♪ シャン♪ シャン♪ ~

 

Imgp3910_4  

 

「あれ?鈴の音が聞こえる!!

ちょっと先生が
外を見てみるね!!」 

 

 

 

 

「あっ!!  サンタさんだっ!!」

Imgp3912_2  

小さい子どもが2~3名、
お母さんにしがみついて
「ウワァ~ン!!」と泣いて
いました。

が、ほとんどの子どもは
泣かずにじっとしています。

 

 

 

泣いていない子どもも、本当はドキドキしていたのかもしれません。

でも、先生のお話をしっかり聞いていたから怖くないよね。 

Imgp3914_2  

 

サンタさんの登場を、
子どもたちはこんな表情で
迎えていました。

ちょっと緊張…も
あるみたいですね。

 

 

 

Imgp3917_3  

そして、子どもたちから
サンタさんに
ハンドベルの演奏を
プレゼント。

曲は「きらきらぼし」。

自分のパートを覚えて、
お友達の音色を聴きながら
順番を確認して…

 

 

たくさんの人の前でしたが、とっても上手にできました。

先生も、「みんなスゴイ!! 今までで一番上手にできたね。」 と。

大きな拍手に包まれた みどり保育園。

 

Imgp3929_2

 

そして、待ちに待った
サンタさんからの
プレゼント。

「ありがと。」と言って
受け取ることができました。

 

 

 

Imgp3936_2  

 

帰る時には
「サンタさん、また来てね。」
と、握手をしてお見送りを
しました。

サンタさんも、
今年は泣く子どもが少なくて
ホッと一安心です。

 

 

みどり保育園には、一足お先に来てくれたサンタさん。

みんなのおうちにサンタさんが来るのも、もうすぐ…。

 

保護者の方にとって、クリスマス会を通して普段の生活の様子と
成長を感じることのできる、楽しい時間となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”心に残る”ということ

2011年12月21日(水)

皆さま、こんにちは。

12月も半ばを過ぎ、2011年も残り数日となりました。

外来でお会いする方との会話は、どちらからともなく、
「今年もお世話になりました。また来年、お変わりなくお会いしましょうね。」
と、
1年の締めくくりの挨拶です。

 

そんな中、今日が、今年最後の定期通院の日と言われるAさんが
来院されました。

車いすをご利用のAさんは、来院の際にはいつもご主人とご一緒です。

にこやかな表情と、笑いの絶えない会話は、どんなときでも私を笑顔に
してくださいます。

本日、会計の待ち時間に声をおかけすると…

Aさん

「 細田さん、これ、あげるわ!

そう言ってポケットから出されたのは、ある健康食品。

「この時期、寒いし、忙しいでしょうから、少しでも体に良いものを
とらんといけんよ。来年も、その
笑顔で迎えてちょうだいね。」と。

私の体調を気づかって、家から1袋(1回分)にぎりしめてきて
くださったようです。

Aさんが体調を崩されて以来、毎日愛飲されているという
Aさんの保証つきの一品。

お気持ちだけありがたく頂戴します、とお伝えしましたが、
「この食品が私の生活に大切なものだからこそ、細田さんにあげたいと
思ったんよ。」と、私の手にギュッと強く握らせてくださいました。

Aさん、ありがとうございます。

 

私が何よりも嬉しかったのは、
家を出発されるその前に、”病院に行く”ということから、
ほんの少しでも私を思い浮かべてくださったこと。

Aさんの笑顔や会話が私を元気づけてくだり、心に残っているのと
同じように、これまでのかかわりの中からAさんの心に何かが
残っているのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

 

そして、お帰りのとき。
ご主人に車いすを押してもらわれながら私の方を振り返り、一言。

「私からの、ささやかなクリスマスプレゼント☆」

 

そのとびきりの笑顔が、何よりも嬉しいプレゼントとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉敷芸術科学大学 救急救命士コースの実習 ~第2班~

倉敷芸術科学大学 生命科学部 健康科学科 救急救命士コースの
4年生の学生(全7
名)の、当院での実習が始まりました。

救急救命士コース第2班の皆さんは、これまでに4カ所の
三次救急の医療機関で実習をされ、救急現場で求められる
専門知識や技術を学んで来られました。

当院での実習の目的は『接遇』、テーマは『コミュニケーション』、
ということで来院されている皆さん。

「学生の今だからこそコミュニケーション能力を養うチャンス!」と、
昨年から導入されている実習です。

私たち職員にとっても、気付きと学びを得る
とても良い機会と感じています。

外来受診の方やご入院中の方との
”かかわり”や”コミュニケーション”を中心としたプログラムです。

 

今回お届けするのは11月21日(月)~25日(金)まで来院された
第2班、2名の「コンシェルジュ業務」の様子です。

 

Imgp3762  

明るい笑顔で、
誰からも親しまれる
雰囲気を持っています。

実習生から積極的に話しかけ、その笑顔と雰囲気で
すぐに和やかな空気が
広がります

 

 

そんな様子を見て、私も改めて、笑顔パワーを感じることができました。

 

 

Imgp3785  

 

 

実習生は、こちらの方が院内に
おられる間、他の対応を
しながらもずっと気にかけていました。

会計後、お帰りになることがわかると
すぐにお声をかけ、
タイミングよく、気持ちよく、感じよく
お手伝いをされていました。

 

 

 

 

 

 

お二人を見て印象的だったのは、豊かな表情(笑顔)。

慣れない環境であることや緊張もあったと思いますが、
表情や動きはとても自然で、常に柔らかい表情をされていました。

そして、何よりも「こころ」を感じました。

写真には撮れなかったのですが、
受診される方の目線に合わせて座り、「寒くなりましたね。」などと
声をかけながら、手や背中をさすっている場面を何度も見かけました。

お二人のコンシェルジュ業務実習を通して、私自身
学ばせていただくことが本当にたくさんありました。

 

Imgp3789  

 

 

一週間の実習、
大変お疲れ様でした。 

 

 

 

これから救急救命士を目指す皆さんは「正しい知識と技術」と共に
「相手を思いやる心」を、今後さらに学ばれることと思います。

素敵な救急救命士になられることを、心より願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »