« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

新卒新採用者懇談会

 2010年7月28日(水)

この時期に当院で毎年行われている ある行事があります。

新卒新採用者を対象に、院長・事務長・看護部長と一緒に昼食をとる『新卒新採用者懇談会』です。

 

入職して3~4ヶ月経つと自院のことや、それぞれの持ち場のことがわかり始め、慣れやゆとり、楽しさとともに困ったことや悩みなども出てくると思います。

そのようなお互いの話をしながら食事をとり、親睦を深めるという時間です。

 

今年度の対象は10名で、7月26日(月)の12時から行われました。

006  

 

 

 

 

 

 

 

「今日は、我々が皆さんからいろいろなお話をお聞きしたいと思っています。

おいしい食事をいただきながら楽しい時間にしましょう。」

と金田院長が挨拶をされました。 

 

002  

 

 

 

 

 

 

 

26日は土用の丑の日。『割烹 おかもと』の、うな重です。

ふっくらとしたうなぎがとっても美味しそうですね。

当院の人間ドック・健診課のお食事も『割烹 おかもと』で作っていただいています。

「上品な味でおいしい」と評判のお食事です。

 

014  

 

 

 

 

 

 

 

いつもと違う場所で、いつもと違う雰囲気の中、いつもと違う食事。

少し緊張しながらも「おいしい~。」と顔がほころんでいます。

 

食事の後は当院の取り組みのDVDを観たり、今日まで勤めての感想や想いなどを話しました。

019

 

 

 

 

 

 

040  

 

 

 

 

 

 

048  

 

 

 

 

 

 

 

「仕事はどうですか?何か困っていることや悩みはないですか?」と優しく問いかける金田院長の言葉に、「まだまだ不慣れで戸惑うこともたくさんありますが、先輩に優しく指導していただき本当に感謝しています。」と、それぞれの職種や部署について話をされていました。

045  

 

 

 

 

 

 

 

その一つ一つに、真剣にそしてあたたかくアドバイスをされる金田院長。

064  

 

 

 

 

 

 

 

楽しく仕事をするための”コツ”を学ばれた皆さん、

これからもその笑顔で様々な壁を乗り越え、そしてたくさんの人を励まし、包み、今以上に輝く人になってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなの願い

2010年7月14日(火)

院内保育所「みどり保育園」のかわいい かわいい笑顔をお届けします。

 

7月9日(金) 17:45~ 親子イベントが行われました。

「7月」といえば、子どもの行事に欠かせないのが七夕ですね。

今回は親子で七夕飾りを作りました。

 

イベントは17:45から開始で、私が保育園に到着したのは17:35ごろ。

入り口はお母さんの到着を待つ子どもでいっぱいでした

ドアが開くたびに”今度は私のお母さん?!”と期待しながら みんな一斉に見ています。

一人、また一人とお母さんが到着し、「ママー!」と抱きついたり、抱っこやおんぶをしてもらって体中で喜びを表現している子どもたち。

 

お母さんたちが保育園に集まるのは、そんなに大きな時間差はありませんでした。

でも、お母さんの到着を心待ちにしている子どもたちにとっては ほんの少しの差でも待ちきれません。

001  

”わたしのおかあさん

 まだかなぁ…”

入り口が気になってその場から一歩も動かないAちゃん。

お母さんの姿が見えると、とびきりの笑顔で抱きついていました☆

 

子どもたちは、きっといつもこんな風にお母さんのお迎えを待っているのでしょうね。

働いているお母さんも、少しでも早くお迎えに行ってあげられるように頑張っているからね!

 

 

 

みんな揃ったところでイベントが始まりました。

017  

工作をする機会の少ないお母さん。

何をどうやって作ろうかなぁ…と頭を悩ませています。

そんなお母さんをよそに、子どもたちの手はどんどん進み…ペンを持つと机も手も服も…どこでもキャンバスになってしまいます。 

 

 

023  

 

 

Bちゃんとお母さんは何やら相談しながら作っています。

 

どんな飾りができるかなぁ~~

 

 

 

 

 

 

022_2  

 

 

Cくんはもくもくと製作中。

お母さんも一生懸命!!

 

子どもとこんなふうに過ごす時間、

良いですね。

 

 

 

 

020  

イベントの招待状は看護部長にも届いています。

お兄ちゃん(Cくん)とお母さんが製作している間、弟のDくんを抱っこ中。

 

「子どもと触れ合うだけで本当に癒されますね。」

と看護部長。

 

ゆったりとした心地の良い時間が流れています。

 

 

026  

 

出来上がった飾りや短冊を お母さんと一緒に飾ります。

 

 

どんな願い事をしたのかな。

 

 

 

 

 

 

030_2  

 

”元気で大きく”

どのお母さんも短冊に書いていた言葉です。

 

みどり保育園の子どもたちは、

たくさんの人から

たくさんの愛情をもらい

みんなに見守られながら大きくなっています。

 

 

 

029  

 

 

度々熱を繰り返しているEちゃんのお母さんの切実な願いごと。

子どもがしんどい思いをしているのは、親にとって本当に辛いものです。

 

早く元気になりますように。

 

 

 

 

 

035  

 

 

 

お母さんと一緒に書いた短冊。

 

青いペンにはどんな願いが込められているのでしょうね。 

 

 

 

 

 

たくさんの願いが込められた短冊は今もみどり保育園に飾られています。

その中に、このような短冊を見つけました。

006  

子どもたちの笹の葉は、みどり保育園と化学療法室の間の通路に飾ってあります。

 

これは、化学療法を担当の看護師が書いた短冊です。

どうやら短冊(用紙)もこよりも保育園で用意したものとは違い、看護師の手作りのようです。

きっと笹の葉を見て、願わずにはいられなかったのでしょう。

担当看護師の切なる願いですね。

 

 

どうかみんなの願いが叶いますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

院内勉強会が開催されました

2010年7月2日(金)

当院の感染対策委員会・教育委員会の共催で、院内勉強会が開催されました。

講師をお招きして、感染症の標準予防策である「スタンダード・プリコーション」についてお話をしていただきました。

日時: 6月29日(木) 13:00~

内容: 「スタンダード・プリコーションとインフルエンザ対策」

講師: サラヤ株式会社 学術病専科 池田志野

 

お昼の休憩時間に合わせて開催されたことや、医療機関に勤める職員にとって誰もが身近な話題であることから、様々な部署から大変多くの職員が参加しました。

Dsc00006  

インフルエンザに関する基礎知識や、標準予防策についてお話をしていただきました。

そして、具体的な標準予防策をいくつか教えていただきました。

 

 

スタンダード・プリコーションとは「標準予防策」のことです。

標準予防策の具体例には、手袋やマスクの正しい着用・ガウンの着用・手指衛生(手洗いと手指消毒)などがあり、手指衛生については、実際に手を動かしながら学びました。

Dsc00014  

ポイントを確認しながらしっかり覚えていきます。

日ごろの様子を振り返りながら「こんなに時間をかけてしていないなぁ。」と少し苦笑いの職員も…。

 

 

そのようなことにも改めて気付くことができる良い機会となりました。 

いつ流行するかわからないインフルエンザの予防を、今から一人ひとりが心がけていきたいですね。

大変有意義なお話をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »