« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

院内研究発表会が開催されました。

【第11回 院内研究発表会】

2009年11月12日(木)

金田病院 大会議室 18:00~

勤務の都合もある中 職員の約半数、114名の方が参加され、会場は立ち見がでるほどの大入り満員となりました。

その様子はこちらです。

014

 

 

 

  

 

 

 

それでは、当日のプログラムをご紹介します。

① 「AEDがpulselessVTを検地しなかった一例」

   演者: 行部 三和子(看護師)

   所属: 外来

 

② 「当院リハビリテーション外来の現状報告と今後の課題について」

   演者: 岸本 伸江(看護師)

   所属: 外来

 

③ 「ソフト食への取り組みについて」

   演者: 小椋 いずみ(管理栄養士)

   所属: 栄養課

 

④ 「当院で行われている外来がん化学療法の紹介」

   演者: 安田 陽子(看護師)

   所属: 外来 

 

⑤ 「当院におけるMRI神経根撮像」

   演者: 大月 寛司(放射線技師)

   所属: 放射線科

 

⑥ 「社会医療法人の生い立ち」

   演者: 金田 道弘(医師)

   所属: 理事長

 

以上の6題です。

いずれも大変興味深い内容で、質問や活発な討議になる場面もありました。

それぞれの現場で、患者さんの立場になって安全・安楽に治療を受けていただくために 検討・改善を繰り返しながら今の現状があるのだと思いました。

発表された方にとっても 参加された方にとっても、大変有意義な研究発表会になったと思います。

 

また参加者には、受付で今回発表の抄録集と この1年間の業績集が一冊になった冊子が渡されました。

改めて、多くの職員が学会や研究会での発表、講演やインストラクターなど 院内外で様々な活動・活躍をされていることがわかります。

皆さんの積極的な活動と向上心を 私も見習いたいと思いました。

 

そして…

発表された方には、当院の教育委員会より『感謝状』が渡されます。

 

024
右から

大月さん・安田さん・

金田院長・岸本さん・

小椋さんです。

行部さんは、当日が当直看護師だったため発表後に退席されています。

 

演者の皆さん、お疲れ様でした。

そして 良い発表をありがとうございました。

 

 

今回の院内研究発表会には、特別ゲストの方が4名来られていました。

それは美作大学 短期大学部 栄養学科の学生で、11/9~11/13までの5日間、当院に実習に来られていた実習生です。

年に2回しかない研究発表会と実習が重なっていたのも何かの縁。

終わってから感想をお聞きすると、ハキハキと気持ちの良い応答をしてくださいました。

「とっても勉強になりました。

特に、ソフト食についての発表は今の私たちにとって、すごく身近に考えることができました。

その他の皆さんの発表からも、患者さんを想う気持ちが伝わってくる内容でした。

良い機会をいただき、ありがとうございました。」

と話してくださいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご自愛ください。

2009年11月16日(月)

寒暖の差が大きい季節、

「インフルエンザ」が流行している時期、

季節の変わり目で何かと体調を崩しやすい今、

皆さまお風邪などひかれてはいませんでしょうか。

 

食事や睡眠などの生活習慣を整えて、 この時期を元気に乗り越えたいものですね。

 

096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »